理系院卒のネットワークなブログ

意外なところに「つながり」ってありますよね

雑記

「エリートは筋トレと投資をする」と思い込むというライフハック

エリートビジネスマン。彼らは仕事に全力で打ち込み、トレーニングジムに通って丈夫な体を作り、給料の一部を投資に回すことで手堅く資産を増やしていきます。そういう生き物なのです、あの人たちは。僕はそう思い込むことにしました。 何かを始めるにはエネ…

何かを批判する文章を書くことは簡単だと思った

ポケモンGOのブームがひと段落してきた印象です。このゲームに関する意見や批評もあらかた出尽くしたのではないでしょうか。 批判の嵐の中で輝いていたもの ネットでポケモンGO関連のニュースを漁ってみると、否定派の言動が目立ちます。氾濫するニュース記…

言語化できないから会議で発言できないしブログも書けない

社会人1年目の6月も半分が過ぎました。学生の頃は頻繁に更新していたこのブログですが、投稿頻度が落ちてしまいました。 死ぬほど忙しく働いているわけではありません。適度な残業をこなしつつ、楽しく働いています。新しい趣味に打ち込んでいるわけではあ…

社会人生活のために勉強ではなくスナック通いをしておけばよかった

入社1年目の五月、配属が決まってしばらくが経ちました。いきなりですがみなさん、土日は何をして過ごしていますか? ご趣味は? 先日、偉い人との飲み会でその話題になり、「一人暮らしを始めたばかりなので家事に追われています・・・。」と答えたら、「趣…

社会人1週目に感じた立場の変化について

僕が社会人になって最初の一週間が終わりました。たくさんの新しい物事に触れて様々なことを考えた一週間でした。今僕が強く感じていることは、「ついにこちら側に来てしまったな」ということです。 僕の会社はコンシューマ向けのビジネスも展開しています。…

ブログ名と今後の運営方針について

いままで「大学院生のネットワークなブログ」という名前でブログを書いていましたが、2016年4月から社会人になります。「大学院生」ではなくなるので、ブログ名を変えることにしました。そのお知らせと、今後の方針について書きます。 就活を経て、一般的な…

理系大学院生と出会い、恋愛に発展させる方法

こんな記事を読みました。そして、感じました。時代の流れが理系院生に向かってきているのかもしれない、と。 この記事では、理系院生のモテない現実を紹介したあと、付き合ってみるととてもオトクだよということが書かれています。オススメする理由は3つ挙…

【歌唱力体感】西野カナのバラード曲おすすめランキング

いきなりですが、僕は西野カナさんの音楽が好きです。しかしこれを友人に打ち明けると変な目で見られます。「男子大学院生が西野カナを聴いてなにが悪い!」と憤りを感じます。ですが友人たちの態度の理由が分からないわけではないので、彼らになんとか良さ…

他人を自分の組織に勧誘するのが怖い

学部の3年生が次年度から所属する研究室を決める時期です。 研究室見学で胸に引っかかったもの うちの学科には、3年生が各研究室を回って、先生や院生から説明を受けるという年中行事があります。僕ら院生側は一塊になってぞろぞろとやってくる学生に対して…

早く東京で消耗したい

4月が待ち遠しいです。大学院を修了し、東京で働きます。早く働きたくてたまらないのです。 オレたち若者の街 地方在住の僕。東京を訪れた回数は50回ぐらいでしょうか。父の単身赴任先を寝床にして観光したこともあれば、たった30分の面接のために新幹線で上…

この眼が二つ以上あってつらい世界 - 狭心症に寄せて

自分の眼が二つ以上あったらと考えたことはありますか。SNSはそれを叶えてくれるかもしれないツールですが、それで本当に僕らは幸せになれるでしょうか。 シリアの難民の悲しみが見えるか 先日、友人がふと僕に尋ねてきました。「シリアの難民問題って最近聞…

2泊3日入院して親知らずを抜いた体験記

親知らずを抜くために2泊3日で入院してきました。周りの人に聞くと入院する人は多くても2泊もする人は少なかったです。治療の模様を淡々と書いていこうと思います。気になるところだけ読んでいただければ幸いです。 2泊するのはなぜ? まず初めに、なんで2泊…

一発芸・宴会芸を探すならイロモネアを見るべき

忘年会シーズンが近づいてきました。宴会で一発芸をやらなきゃいけないこともあるでしょう。面白い一発芸を考えるのは素人には難しい、ならばその道のプロであるお笑い芸人の一発芸を借りてみてはどうでしょうか。芸人さんが一発芸をやっている番組はたくさ…

タイムリープ焼き肉とシャチョサン

先日、研究室の先生に本当においしい焼き肉屋さんに連れて行ってもらいました。食べログで値段の制約を取っ払って上位に来るような、一人前のお値段が樋口一葉さん一人で賄いきれないようなお肉が置いてあるようなお店です。もっと高級なお店はいくらでもあ…

あえて言う、僕らはもはや「何者」だ

何者にもなれないと人生に絶望することはないなと思った話を書きます。 高校時代の友人との再会 先日、高校時代の友人にばったり出会いました。県外の大学に進んだ彼とは5年ぶりぐらいの再会。同じ理系だったので大学院に通っているのかと思っていたのですが…

論理的に考えてゲーマーが馬鹿や落ちこぼれになるわけがない

世の中で「ゲーマー」と呼ばれるほどゲームをやっている人って、みんな頭がいいはずじゃないかと考えたんです。 ゲームの背景には論理がある 例えば、モンスターハンターをやっている人がいるとします。あなたはその様子を見ています。モンスターをハントす…

誘われる人は誘う人に感謝すべきなのだとは頭では分かっている

世の中には2つのタイプの人間がいます。 友達を遊びに誘う人と、友達から遊びに誘われる人です。 誘う人、誘われる人 上のようにズバッと2つに分けることはさすがに言い過ぎだと思いますが、例えばある一つのグループにおいて、遊びの予定を立てる人がいる一…

国語の授業は終わらない - 「奈々子に」を久々に読んで

小学生のときに国語の授業で読んだ文学作品は、妙に生々しく記憶に残っています。それらを久しぶりにじっくり読んでみると、全く新しい解釈が自分の中から生まれてきます。 理解不能だった詩 吉野弘さんの「奈々子に」という詩についてのコラムが新聞に載っ…

僕がdaokoの「水星」の中毒になった理由を解説してみる

この曲知ってますか? DAOKO 『水星』 Music Video[HD] - YouTube 僕は最近知りました。ハマってます。ミュージックビデオの中毒です。寝る前に部屋を真っ暗にして、iPhoneでミュージックビデオを見るのが最近の日課です。イヤホンを使います。膝を抱えて…

僕にはファン(年下女子)がいるんですけど、モヤモヤしています

これを読んで思うところがあったので言及させて頂きます。 <a href="http://aniram-czech.hatenablog.com/entry/2015/06/01/113636" data-mce-href="http://aniram-czech.hatenablog.com/entry/2015/06/01/113636">好きになる能力 - (チェコ好き)の日…

アクチュアリーや銀行の融資担当者の仕事は50年で消えるらしい

就活の一環であるIT企業の社員さんとお話をさせていただきました。その中で最もおもしろかった話がこれ。アクチュアリー(ビジネスにおける将来のリスクや不確実性の分析、評価等を専門とする専門職(Wikipediaより))や銀行の融資担当者の仕事は、しばらくす…

女友達の「就活の次のイベントは結婚しかない」という発言に関する理系院生の僕の見解

僕は今大学院2年生で就活をしていますが、同期で進学しなかった人たちは社会人生活2年目がスタートしています。先日、サークルの同期メンバーで飲みにいく機会がありました。 ある女の子曰く 「就活の次に控える人生の大きなイベントは結婚しかない」 僕を…

日々に身を切られるようなシビアさを

サークルの大会 大学生になって以来、ゴールデンウィークは毎年バスケットボールの大会に出場しています。学生サークルの大会で、参加チームは男女それぞれ30ほど。トーナメントの1発勝負です。 一昨日が初日でした。その日に2回勝って、今日は準々決勝…

4年前は大学1年生で、今は就活生で

トピック「被災」について 正確に言うと、大学1年生の終わり掛けでした。あの地震があったのは。仲の良い友達が増えてきて、日を追うごとに大学生活が楽しくなっていくかのような時期でした。震災のことはあまりリアリティを持って受け止められませんでした…

体力のピークを過ぎてからの方が体力を消耗する出来事が多いんじゃない?

はじめに 人間の体力って20歳ぐらいをピークにして落ちていくって良く聞くじゃないですか。僕も体力がそろそろ峠を越える年齢になってきました。だけど、体力が必要とされるのって「これから」じゃないですか。なのに僕の体力は落ちていく。恐ろしいと思って…

【癒しを求めて】個人的YUIのバラード曲おすすめランキング

はじめに なんとなく癒しが欲しいなって時がありますよね。僕は今、解禁された就職活動のことで頭がいっぱいで、なんとなく忙しなく、あせあせしながら日々を過ごしております。そんな時にふと流れてくるYUIの曲に癒されたので、YUIの曲を聴きながら、好きな…

初体験の失敗談を生々しく話せる友達がいて幸せです

はじめに 「初体験のとき、実はこんなことがあってさ」。昨日はこんな話で盛り上がりました。これ、大学一年のときから付き合っていて、常に腹を割って話してきた仲間内の飲み会の一コマです。 鉄板の流れからの 就職して東京に出ていった友達が、久しぶりに…

就活を通して考えたSNSの限界 - テキストベースの時代は終わる

はじめに この前、初めて出したエントリーシートが関門を通過しました。一次面接のお知らせが来たのです。記念すべき第一歩です。 それで、Twitterでつぶやきたくなったのです。「初めてES通ったぜー」みたいなテンションで。だけど、就活関連のツイートは周…

大学生にもなってケータイ代を親に出してもらってるの?

とある偉いお方からタイトルの言葉を投げられました。学生のみなさん。どうですか?携帯電話料金、自分で払っていますか? 僕は親に出してもらっています。だから何も言い返せませんでした。 さらにそのお方の講釈は続きます。 「僕らのころは親に出してもら…

ベンザブロック風に失恋をタイプ分けしてみた

はじめに 「あなたの風邪はどこから?」「私は○○から」「それなら△色のベンザ!」。綾瀬はるかさんは笑顔で教えてくれます。風邪は原因によって3タイプに分けられ、青、黄色、銀のベンザを使い分けるべきだと。 ではここで問題です。風邪は風邪でも、大学生…