読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理系院卒のネットワークなブログ

意外なところに「つながり」ってありますよね

【勉強】スプリットホライズン・ポイズンリバースを解説してみた

勉強

Counting to Infinity問題の続きです。どんな問題かわからなくなったらこちらに戻ってください。

【勉強】Counting to Infinity問題を解説してみた - 大学院生のネットワークなブログ

 

Counting to Infinity問題のため、ディスタンスベクター型では距離が基準値以上に大きくなったリンクがあると、そこを途切れているとみなします。

基準値を小さくするとネットワークの規模が制限されるので問題外として、基準値を大きくするとディスタンスベクター表が収束するのが遅くなってしまうのがネックでした。

収束を早めるための方策がいろいろと考えられています。

 

スプリットホライズン・ポイズンリバース

今日はその1つを紹介します。スプリットホライズン・ポイズンリバースと呼ばれる方法です。

スプリットホライズンとは「ある宛先に関して自分の次ホップとなるルータには、その宛先に関するディスタンスベクターを通知しない」というものです。

ポイズンリバースは「ある宛先に関して自分の次ホップとなるルータには、その宛先に関するディスタンスベクターを無限大の距離として通知する」というものです。

 

どのような方法か

これが実際にどのように働くのか見てみます。

Counting to Infinityのときと同じ場合を考えます。AB間が途切れてしまったときに、Cがディスタンスベクターを通知することによって問題が発生したわけです。

f:id:ytera22:20140607163450p:plain

だからここを改善します。

スプリットホライズンではAという宛先に関してCの次ホップとなるルータBに、Aに関するディスタンスベクターを送りません。

f:id:ytera22:20140607164755p:plain

ポイズンリバースではAという宛先に関してCの次ホップとなるルータBに、Aに関するディスタンスベクターを無限大の距離として通知します。

f:id:ytera22:20140607164816p:plain

どちらも次のタイミングではBからCへディスタンスベクターが送られます。

f:id:ytera22:20140607164831p:plain

B本人がAまでは無限大かかると言っているのでCは書き換えますね。

f:id:ytera22:20140607164845p:plain

一件落着でしょうか?

 

これだけではダメだった・・・

一件落着と言いたいところなんですが、これらを使ってもまだCounting to Infinityに繋がってしまう場合があるのです。それを説明します。

下の図を見てください。Dを追加しただけです。あとは今までと同じです。AB間が切れたとき、宛先Aに関してディスタンスベクター表がどうなっていくのかを追っていきます。

 

Aまでのリンクが切れてしまったのでBは(Inf,A)を隣接ノードに通知します。

この(Inf,A)が先にCに来たときどうなるかを考えます。当然、Dもディスタンスベクターを通知しています。(矢印が多くなると見ずらいので関係ある矢印しか書いていません。)

f:id:ytera22:20140607164930p:plain

距離が短い方を採用するのがディスタンスベクター表の更新のルールですからCはDから来た方を採用します。Aまで行くときはC→D→B→Aが最短ルートだと思ってしまうわけです。

f:id:ytera22:20140607164952p:plain

つぎの更新タイミングがきます。CはスプリットホライズンによってDにAに関するディスタンスベクターを送りません。なのでDはBから来た方を採用して、Aまでは無限大とします。(ポイズンリバースでも同じ結果ですね。)

さらに次はBが更新されます。

f:id:ytera22:20140607165006p:plain

Cから受け取った(3,D)によってBはB→C→D→B→Aが最短ルートだと思ってしまいます。

f:id:ytera22:20140607165027p:plain

どんどん行きます。次はDが更新されます。この段階でもAに関してCの次ノードはDです。スプリットホライズンが効いていますので、CからDへは送られません。

f:id:ytera22:20140607165049p:plain

Dが更新されました。次はCです。スプリットホライズンでBからは送られないのでDからのディスタンスベクターを採用です。

f:id:ytera22:20140607165104p:plain

ここからは同じパターンの無限ループですね。距離が一番小さいところが順次更新されていきます。

けっきょくCounting to Infinityになってしまうので、別の方法と合わせて対策をしなきゃいけないということです。

その別の方法についてはあまりおもしろいテーマではないらしいので、教えてもらえませんでした。