読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理系院卒のネットワークなブログ

意外なところに「つながり」ってありますよね

ゴールデンウィークが16卒の就活の区切りになりそうだ

理系・研究・大学院

就活、がんばってます

 「走りながら考える」っていうかっこいい言葉がありますよね。じっくり考えてから行動を起こすのでは遅いという、意識の高いありがたいお言葉です。今僕はそれを就職活動という場で実行している状態なのですが、果たしてこれでいいものかと思っている次第であります。

 最近、リクルートスーツを着ない日がありません。朝、スーツに身を包み、研究室に行きます。ちょこちょこっと研究して、説明会の予約票を印刷して、または面接の場所を確認して研究室を出ます。夕方戻ってきて、また少し研究して、遅い晩御飯を食べに家に帰ります。

 経団連の指針を守る気のない企業は4月中に内々定を出す勢いで、猛烈な勢いで面接を用意してきます。僕はただそれに流されるように、いくつかの企業を並行して受けて、エントリーシートも書きながら、2次選考、3次選考の準備にも追われています。

 でも、今受けている企業って第一志望ではないんですよね。もちろん、そこに行くことになっても後悔しない企業を選んで受けてはいるのですが、第一志望は固まっていません。

逃げているだけなのか

 ここで、冒頭の言葉が浮かんでくるのです。実際僕は、選考をあわただしく受けながらも、第一志望をどこにしようか考えています。しかし、「走りながら考える」ってやっぱり難しい。どうしても、目の前のことに意識がいってしまって、真剣に考えられない。いつまでたっても結論は出ぬまま、時間だけが過ぎて行っている。実は今、走っているのではなくて最終的な意思決定から逃げているだけなんじゃないかと思うほどです。

 結局、僕が敵視している「思考停止」ってやつなのかなと考えています。目の前の面接に向かって走っている振りをして、本当に考えるべきことを考えていない。面倒だから逃げている。いくつか内々定を頂いたら、面接をいくつか辞退してでも、考える時間をとらなければならないのかもしれません。

ゴールデンウィーク

 16卒の就活スケジュールを鑑みると、ゴールデンウィークは良い区切りになりそうです。ここまでは言うなれば就活の前半戦。選考が早い企業を手当たり次第に受けている人も多かったのではないでしょうか。一方でゴールデンウィーク以降は大手の選考が始まります。後半戦へと突入。そんな風に分けることができそうです。

 ゴールデンウィーク中は大抵の企業がお休みですから、僕は就活の予定がありません。研究もしなければならないのですが、そろそろ覚悟を決めて進路を絞ろうかなと思っています。

 

 

 

 黄金週間のイメージ図。

ロト7&ロト6 スーパー黄金出現パターン2015 (主婦の友ヒットシリーズ)

ロト7&ロト6 スーパー黄金出現パターン2015 (主婦の友ヒットシリーズ)