理系院卒のネットワークなブログ

意外なところに「つながり」ってありますよね

スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け感想:サプライズがほしかった

 スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(以後ep9)は、自分にとっては面白い映画ではありませんでした。

 両親がスターウォーズ好きだったため、小さい頃から繰り返し見てきたep1-6に続く新シリーズとして、ep7-9は楽しみにしていました。歴史の生き証人になれるとワクワクしていたのですが、自分にとっては残念な終わり方になってしまいました。

 ep7の時点で賛否両論ありましたし、ep7は良かったけどep8がダメだったという人もいますが、僕はep7とep8はとても楽しんで見ることができました。それだけにep9の落胆が大きかったです。

 モヤモヤを吐き出したいのでここに書いておこうと思います。

サプライズのなさ

 自分がこの映画を見てがっかりした気分になった一番の原因は、驚きがなかったことだと思っています。ep9を見る前から予期していたこと、謎が明かされる前に途中で勘づいてしまったこと、そしてどこかで見たことある展開。それらでこの映画は埋め尽くされていました。

 「オマージュが利いている」「スターウォーズらしい」。そういう風に捉えることもできると思いますし、それは決して悪いことではないと思います。しかし、見ている人の予想を裏切るような驚きの展開がないと映画は退屈になってしまうものなんですね。

 ラスボスがパルパティーンになることは、プロローグの時点でわかってしまいました。ある意味では驚きでしたがプロローグは本編じゃないでしょうに。

 レイの親が誰かということはep8では解明されなかったep9の一番の謎でした。正義の血筋であるカイロ・レンに対をなすものとして、レイはシスの血筋というのが無難だよなあと予想していたのですが、そのまんまその通りでした。驚きがない。パルパティーンの名前を意識的に何回も出していたので、あからさまな展開だと感じました。

 ep8の感想で僕はこういうふうに書いていました。

f:id:ytera22:20191228153530p:plain

 

 カイロ・レンはどこかで改心するんじゃないかなと思っていましたが、それもその通り。両親に説得されるというのもありきたりで、あれだけ悪事を働いていたのにやけにあっさりと寝返ったものだと思いました。

 敵の大艦隊に正義側が圧倒され、それを一般の人たちが援軍として救いにくるというのも何度も見た光景でした。スターウォーズらしい展開なんですけどね。スターデストロイヤー砲に誘爆させるというのも本当に古典的。防御を厚くしたらどうかと思ってしまいます。 

フォースやドロイドの扱い

 スターウォーズならではの要素の扱い方、見せ方が少し雑だなあと思ってしまいました。

 ep7の時点でインフレを感じていたフォースの力ですが、ep9でも新しい能力が加わりました。空間転移の能力。これがあれば死ぬ気で設計図を運んだりする必要はなかったのではと思ってしまいます。レイとカイロ・レンが一対になっているから発現した力なのだという解釈もありますが。

 それに加えて、フォースに治癒能力が備わっているなら、死ななくてもよかった命が過去にたくさんあったのではとも思ってしまいます。もちろん、最後のシーンに繋げたかったという意図はわかるのですが、監督のやりたいことを詰め込んでフォースの力がインフレした結果、つじつまが合わなくなるのは勘弁してほしいところです。

 C-3POの記憶を消す話、アレ必要ありました?伏線になるのかと思いきやそうでもないし、R2-D2のメモリ復元は信用できないと言っていたのに結局ちゃんと元通りになっているし、中途半端になるならカットしてよかったのに。せっかく「ドロイドを侮るなかれ」というグッドなセリフをレイアが言っていたのに、そこに引っかけたエピソードでもありませんでした。

 C-3POR2-D2がけっこう目立つので、期待の新人BB-8はあまり活躍せず、ep9初登場のD-Oもなんのために現れたのかよくわからなくなっていました。

 あとはレイとカイロ・レンのライトセーバーチャンバラがあまりカッコよくなかったです。わざとなのかもしれませんが動きがぎこちなかったり、おしゃべりしながら斬りあうのでもっさりと感じられました。

レイ、フィン、ポー、そしてカイロ・レン

 人間関係のドラマもぐっと来ませんでした。

 正義側はレイが強すぎてフィンとポーがついていけていません。レイが弱さを見せるときに支えてあげるのが仲間というものですが、そういう展開も作れず仕舞い。フィンとポーが存在感を発揮できていません。

 特に可哀そうだと思ったのがフィン。ep7の彼とレイのコンピはけっこう好きでした。フィンは良くも悪くも普通の人間で、僕ら側に近い存在として親近感を感じさせる良いキャラクターでした。しかし今回は見せ場がありませんでした。

 ローズがフィンを好きになるという描写があったので、ep9では結ばれるのかなと思っていたのですが、今作ではレイに恋心があるような描写が何回か出てきました。まあレイと一緒にいた時間は長いのでそれもありかなと思ったのですが、好きだということを作中ではっきりとは明言させてはもらえず、もちろんレイに告白する機会すら与えらず、とても中途半端な見せ方に終わってしまっていました。

 そしてレイとカイロ・レンはあれだけ憎みあって殺しあっていたのに恋愛感情があったの?と困惑しました。共闘したあげく最後に命を救われたので、レイがカイロ・レンを見直すことになるのはわかります。二人の関係にはとても大きな変化が現れて当然だと思います。でもそれはキスをしたくなるような感情なのでしょうか。二人で宇宙を救うという壮大なことを成し遂げたわけなので、もっともっと複雑な感情だったのではと思いました。

ラストシーン

 「スカイウォーカーの夜明け」という副題を付けてしまった以上、最後の問いかけにはあのように答えるしかなかったとは思います。でも、そもそも副題から間違っていたのではないでしょうか。

 正統なスカイウォーカーはカイロ・レンなはずです。ただ、彼はep7からずっと悪行を働き続けたので生かしておいてはもらえませんでした。それはしょうがないことだと思います。だったらスカイウォーカーの夜明けという副題はつけてほしくなかったです。スカイウォーカーの血筋は途絶えたのです。(アナキンの父親がパルパティーンだという説もあるのですが今作では表現できていません)。

 レイはレイとして、己を偽らずに生きてほしいと思いました。ep7-9を通じて、デイジー・リドリーの演技は素晴らしかったです。一人っきりで生きてきた芯の強い女性を表現しきったと思います。あれだけ強い彼女なら、パルパティーンを名乗って今後の人生を生きていくだけの心の強さを持ち合わせているはずです。だから、レイ・パルパティーンと答えてほしかった。副題を気にするなら他の副題で良かったと思います。

1つの映像作品として

 今作は全体的に画面が暗くて、地味なシーンが多かったです。ep8は色使いや構図に徹底的にこだわっているのだなという姿勢が伝わってきたのですが、今作は普通という感じでした。

 これは繰り返しにもなるのですが、「スターウォーズらしさ」を表現しようとした結果、既視感のあるシーンがたくさん出てきて、映像面からもサプライズがありませんでした。

 エクセゴルで雷がピカピカなるシーンはちょっと明滅がきつかったですね。特別自分は弱いわけではないのですがけっこう気になりました。ディズニーが注意を促していたようですが、天下のスターウォーズが、天下のディズニーが、そんなところでケチをつけられる作品を出して欲しくはなかったです。

 いろいろ書いてきましたが、総じて「ここいいなあ!」と思えるシーンがなくて、楽しい映画鑑賞とならなかったのが残念でした。あまりにも多くのしがらみに囚われてしまった結果、こだわりが詰まったシーンや、尖った表現が実現できなかったのでしょうか。

 ep7-9は時間軸的にそれぞれの間隔が短く、前作のストーリーに引っ張られすぎたというのも良くなかったのではと思っています。ep1-6は1個1個が割と独立していたのですが。

 制作陣の苦悩は想像に難くないのですが、もっと良いものを見たかったというのが正直なところです。

 

 

 

更新情報はTwitterで。  

 

 

 

 

 

ytera22.hatenablog.com

ytera22.hatenablog.com