読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理系院卒のネットワークなブログ

意外なところに「つながり」ってありますよね

【2ch】寿命を買い取ってもらったお話

2ch・ニュース

たまたまこの2chまとめを読みました。
寿命を買い取ってもらった。一年につき、一万円で。 - VIPPER速報 | 2ちゃんねるまとめブログ

2chでこういうフィクションは初めて読みました。僕はなにも知らなかったのですが、けっこう有名な人だったようです。「げんふうけい」さんという方です。
げんふうけい

思わず読みふけってしまいました。書くのがうまいってこういうことかもしれませんね。2chを閲覧するときは、つまらなかったらすぐブラウザバックするのに、続きが気になってしょうがない。

ストーリーは『世界から猫が消えたなら』みたいなもの、といえば分かりやすいでしょうか。自分の人生に価値をつける。難しいテーマです。

 

作品発表の形

こういう形で物語を発信しているひとがいるんだなってことに驚かされました。僕が知らなさすぎるって言われればそれまでなのですが。

なぜ2chで書くのでしょうね。たぶんですが、面白くなかったら読んでくれない、割とシビアな世界ですだと思うのです。

個人的な意見としては、反応を見ながら書けるということがポイントなのではないかと。読者の反応を見ながら、書きためていたものをちょっとずつ投下して、ときにはレスに反応することもできる。そういう双方向のコミュニケーションによって、作品が作られていくということです。まとめサイトがまとめた場合でも、他人のレスは必ず入っています。レスがなかなか良い引き立て役になっているのと僕は思うのです。

 

2ch作家

そして「げんふうけい」という人がかなりの認知度を持っているということにも驚きました。Twitterで「げんふうけい」と調べると、たくさんの人が言及しているのが分かります。

出版業界には書けばベストセラーになる作家がいて、ネットの世界にもそういうスレ立てたら大反響って人がいるんですね。

文学は本や雑誌のもの、ってのはステレオタイプな考えだと思わされました。これから、もっとこの傾向は強くなっていくのかもしれません。

この手のビジネスに関われたらすごく楽しいだろうなって妄想してしまいます。