読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理系院卒のネットワークなブログ

意外なところに「つながり」ってありますよね

【旅行記】青春18切符で行く東北/準備編

はじめに

震災があって以来、東北を一度見に行ってみたいと思っていました。こう書くと野次馬みたいになってしまうのですが、向こうを観光してお金を使うことが復興への支援にもなるのでどうしても行きたかったのです。

 被災地だけ行ってもよかったのですが、東北地方はまったく行ったことがなかったので、できるだけいろんなところを見て回りたいと思いました。そこで夏に友達が青春18切符を使って中国・四国をめぐっていたのを思い出して、僕も18切符で行こうと思ったわけです。

 最初は1人で行こうかなと思っていたのですが、この計画を友達に話したところ、乗り気になってくれたので2人旅になりました。お互いバイトの都合などもあって、期間は5日です。

 青春18切符の仕組みをちょっとだけ書いておきます。

・JRの電車に乗り放題。快速も乗れます。ただし特急・新幹線などは乗れません。
・買うときは5日分まとめてでしか買えません。5日分で11500円です。
・その日初めて乗車する駅でハンコをもらいます。ハンコをもらったら改札にいる駅員さんに見せるだけで何回でも乗り降りできます。

 とにかく安いのが魅力です。学生の貧乏旅行にはもってこいです。

準備

準備編と書きましたが、準備らしい準備は一切しておりません。

 まず、青春18切符は無人駅でもない限り、どこの駅でも買えます。しかも面倒な手続きもありません。すぐに用意してくれます。僕は家がJR沿線にあるので、当日の朝に友達の分も買いました。片方はすぐに使用してスタート地点の名古屋駅に向かいました。

 荷物は最低限にしました。歩きまわるつもりだったので。ほぼ、下着だけと言っても言い過ぎではないぐらい。あとは寝るとき用の下のジャージと、こまごましたもの。学校へ通っているカバンにすべて詰め込みました。

 書店で売っているJRの時刻表を持っていく場合が多いと思いますが、僕らはそれも無しで行きました。スマホで代用です。まず出発時刻などはジョルダンhttp://www.jorudan.co.jp/というサイトが便利です。なぜかというと、無料で会員登録すれば青春18切符検索というのができるからです。18切符で乗れる電車のみで経路を検索してくれる優れモノです。お世話になりました。路線図はJR東日本のホームページにあるのでダウンロードしておけばいつでも見られます。

 本来なら、路線図と時刻表を眺めながら前もって回るルート、乗る電車を決めておくと思います。そうすべきだったと思います。しかしお互い直前まで追いコンの準備などで忙しく、電車の中で決めながら行き当たりばったりの旅を楽しむことにしました。プランを立てる、という準備もしていません。

 貧乏旅行だったので、ホテルや旅館をあらかじめ予約しておくなんてこともしません。というか予定は変わるかもしれないので予約なんてほとんど意味ないと思いましたし。ネットカフェに泊るつもりでいました。ネットカフェなんて使ったこともなかったのですが、とにかく安いとおススメされたからです。パソコンがあれば翌日以降のプランも練りやすいかなと思いましたので。

 ネットカフェを探すアプリがあります。ネットカフェ検索の「N検」というアプリです(ホームページ)。ですがこれはすぐに落ちてしまってあまり役に立たなかったですね。ふつうにググった方が早い場合が多かったです。

 名古屋は桜が咲き始めていましたが、東北はまだまだ冬です。真冬の服装でいきました。電車で暑かったら脱げばよいのです。

 あとは、お金を少し多めに持って出発です!

 

1日目へ

目次へ

 

よかったらこちらも


【旅行記】カップルで行く箱根旅行 概要 - 大学院生のネットワークなブログ


【旅行記】NBA観戦・ニューヨーク観光/目次 - 大学院生のネットワークなブログ


【旅行記】別府温泉保養ランドで泥風呂に入ってきました - 大学院生のネットワークなブログ